【新型コロナ対策】換気扇の効果について

2022/01/31

新型コロナウイルスは、強い感染力をもっていて、陽性者の他、濃厚接触者の増加が問題となりつつあります。
前回、海外のオミクロン株の実例(南アフリカ、イギリス)の推移をもとにピークアウトのタイミングを予測してみたのですが、現状はなんとも言えず、まだまだ自己防衛することが必要な状況のようです。

当教室では、常時換気しつつ、CO2濃度を確認していますが、先日、稼働率が50%程度(8席中4席に生徒がいた状態)であるにもかかわらず、CO2濃度があがるという事例がありました。
原因はというと・・・。

ふだん、満席状態でも900ppm(ppm:百万分率:100万分の1)を超えることはまれなのですが、なぜかこの日は979ppmで、1000ppmを超えそうないきおいでした。
おかしいと思って、奥の換気扇を確認しにいったところ、電源がはいっていませんでした。
そこで、換気扇の電源をつけるとともに、少しだけ入口のドアを開けて(10cmほど)様子を見てみました。

 

結果として、5分ほどすると、CO2濃度900未満となり、10分もすると、ほぼ通常状態(600~700ppm
)に数値が戻っていました。



やはり、常時換気等、基本的な感染予防対策を継続していくことが重要かと思います。
今後も安心して生徒が学習できるような環境を維持していきたいと思っています。

関連ブログ

 【新型コロナ対策】非接触センサー対応自動ドアの設置
【新型コロナ対策】CO2濃度(その3)
【新型コロナ対策】CO2濃度(その2)
​​【新型コロナ対策】CO2濃度計
​​【新型コロナ対策】PCR検査と抗原検査と抗体検査について(その2)
​​
【新型コロナ対策】PCR検査と抗原検査と抗体検査について(その1)
​​【新型コロナ対策】マスクを2枚重ねた場合の効果は?
​​【新型コロナ対策】パルスオキシメーター
​​【新型コロナ対策】100円で常時換気
​​【新型コロナ対策】飛沫感染防止シートを設置しました!
​​【新型コロナ対策】飛沫感染防止シートについて

​​【新型コロナ対策】アルコール消毒液の作成

ご参考まで。

中学・高校受験対策 個別学習指導塾
セルモ羽根木教室


ブログテーマ

 Tel.03-6379-5443
 営業時間:月~金 13:00~21:00
 お問い合わせフォーム 
「めざましテレビ(フジテレビ)」<br />
取材された動画の様子です!
「めざましテレビ(フジテレビ)」
取材された動画の様子です!
◆外部リンク
 <学習塾検索エンジン-全国学習塾リンク集>

 <学習塾なび>

オンライン英会話(リンゲージスピーク)
 小学生向け
 中学・高校生向け