【新型コロナ対策】CO2濃度計(その3)

2021/04/19

当教室では、新型コロナウイルス感染防止対策のひとつとして、CO2(二酸化炭素)濃度計を設置しています。



設置後、何度か1000ppm(※ppmは100万分の1の濃度を表しますので、1000ppmは1000分の1(0.1%に相当)になります。)を超えたことがあったのですが、生徒が多い場合 かつ ドアの出入りが少なかった場合がほとんどでした。
もちろん、すぐ自動ドアを調整し、数値が下がるまで常時換気状態としました。
【新型コロナ対策】100円で常時換気

ただ、比較的少人数の場合でも、数値があがることがあったことがありました。
原因を確認したところ、以下のような理由と思われます。
通常、教室の天井の換気扇を常時稼働させていますが、換気をよくするため、教室の奥の洗面台のところの換気扇も稼働するようにしています。(かつ、ドアを開けて、空気の流れを作っています。)
この換気扇を付け忘れることで、換気が悪くなり、数値があがる原因となっているようです。
目に見えない”二酸化炭素”ですが、ちょっとしたことで教室内に留まってしまうようですね。
おそらくウイルスも同じかと思われます。​​​

引き続き、換気を徹底して対策していきたいと思っています。

関連ブログ

​​【新型コロナ対策】CO2濃度計
【新型コロナ対策】CO2濃度(その2)

ご参考まで。

中学・高校受験対策 個別学習指導塾
セルモ羽根木教室


ブログテーマ

 Tel.03-6379-5443
 営業時間:月~金 13:00~21:00
 お問い合わせフォーム 
「めざましテレビ(フジテレビ)」<br />
取材された動画の様子です!
「めざましテレビ(フジテレビ)」
取材された動画の様子です!
◆外部リンク
 <学習塾検索エンジン-全国学習塾リンク集>

 <学習塾なび>
 
オンライン英会話(リンゲージスピーク)
 小学生向け
 中学・高校生向け
 社会人向け