アルコール消毒液の作成

2020/08/11

教室で使っているアルコール消毒液がなくなってきたため、以前から準備していた「無水アルコール」と「精製水」を使ってアルコール消毒液を作成してみました。
まだまだ「アルコール消毒液」は品薄状態が続いているようで、店頭ではほとんど見かけないのが現状かと思います。
(ジェル状のものは、そこそこあるようですが・・・)
Webで検索しても、品切れだったり、少し高めの価格でないと購入できないようです。

2ヶ月ほど前にWebで「無水アルコール」を見つけてとりあえず、購入しました。
これを使って、アルコール消毒液を作成できると書かれていたのが理由ですが、そのままでは使えず、「精製水」と混ぜることにより消毒に適した濃度になるとのことでした。
通常でしたら、「精製水」は薬局等で販売されているのですが、同じような用途のためか、こちらも店頭ではなかなか見つからず、先日、Webにて購入することができました。

    

生成方法は簡単で、無水アルコール:精製水を4:1で混ぜるというものでした。

https://www.seiseisui.com/chiebukuro/use/absolute-ethanol/

それぞれ、500mlだったため、精製水を125ml混ぜて、合計で625mlのアルコール消毒液が完成しました。
作ってみると以前使っていたものよりすっきりして、なかなかいい感じでした。

あいかわらず、両製品とも品薄状態が続いているようですが、「精製水」は残っているので、また「無水アルコール」があれば、購入しておこうと思います。

ぜひ、お試しください。。。

中学・高校受験対策 個別学習指導塾
セルモ羽根木教室


 

ブログテーマ