大学入試 英語民間試験導入の延期について

2019/11/04

来年度の大学入試共通テストから導入される予定だった「英語民間試験」の導入延期が決まりました。
英語民間試験の導入延期、高校生から“困惑”と“歓迎”(TBS)

もともと問題視されていて、全国の高校校長会も導入延期を求めるなどかなり問題視されているものでした。
現在の高校2年生が対象となるわけですが、もっと早めに延期の決断を下すべきだった内容だったと思われます。
対象となる受験生は混乱があると思いますが、とりあえず中止という判断だと思います。
そもそもですが、英語4技能(聞く・話す・書く・読む)については、小学校でも来年度から教科化され、小3から外国語活動もスタートします。
こちらについても、国の一方的な方針のもと、指導者不足や指導内容に関してすでに混乱が生じているように思います。

英語を共通語として意思の疎通をしたり、英文を解釈したりすることはグローバル化を考えるとたしかに大切なスキルですし、社会人になる前に育成していくべきものだとは思いますが、大学入試に必ずしも「スピーキング」のような能力は求められるものではないように思います。
必要かどうかは、各大学が判断すべきことであるし、社会人になるタイミングでも企業が求めるスキルであれば、「英語民間試験」等を受験し、自分で身に着けているべきものではないかと思います。
本当に収入や地域差の学力格差をなくすのであれば、受験料の補助や受験機会の均等化(CRT試験の試験会場拡大)等を目指すべきだと思います。

とはいえ、いろいろ問題点もあるんだとは思いますが・・・。
塾としても受験等だけではなく、子供たちに必要な教育をきちんと提供てきるように考えていきたいです。