小年生の保護者様へ

「何が理解できていないかを把握されてますか?」

中学受験もしないし、塾はまだ必要ない。。。
このようなお考えの方も多いかと思います。
ですが、中学生の中にも小学生で学習済のはずの「分数」、「小数」の計算ができない生徒
漢字か読めない、書けない生徒がいます。
ほとんどが保護者様は把握されていないことが多いようです。
まずは、きちっと各単元を理解しながら、学習を進めていくことが大切です。
年3回の面談時にも、生徒様ごとの理解度、学習度をご説明させていただきます。

「これ、学校と勉強した内容と同じだ!」

教科書準拠のICT教材を活用いたします。

学校の教科書を教材とした問題を繰り返し解いていきますので、学校の復習とともにテスト対策が自然とできていきます。
授業は学校の学習進度にあわせて、予習、復習を中心に行っていきます。
 

個別カリキュラムで管理いたします。

前回までの学習内容をベースに復習・予習学習を組み合わせていきます。

塾で学習した内容はICT教材によって、個別に学習内容が管理されます。
また、前回学習した内容をチェックすることにより、理解不足であった場合は、同じところを再度、学習することもあります。
学習の状況は個別カルテでチェックし、より効率的な学習ができるように個別カリキュラムを立てさせていただきます。

反復学習

反復学習することにより理解が深まっていきます。

教科書対応のPC学習システムで、学校授業の進度に合わせて反復学習を行います。個々の学習記録はデータで管理し、効果的な弱点対策を行うことで、学校の授業をしっかりと理解させ、着実に学力を定着させます。

先取り学習

授業より先行して学習を進めていくことも可能です。

今習っている内容をきちんと理解できるようになれば、次は学校授業を先取りして学習ができます。事前にしっかりと予習を行うことで、余裕を持って 授業に臨むことができ、成績UPにもつながります。ライバルと差をつけましょう。

飛び級学習

早めの受験対策等、学年の枠を超えて学習することも可能です。

学力に応じてもっと先の学習に取り組むことが可能です。 十分な学力がつけば、予習レベルにとどまらず、学年の枠を越えて学習することができます。例えば、小学生が進学する中学校の英語を先取りして学べます。ゴールを作らない。セルモだからできる勉強法です。